出会い系の自称「ぽっちゃり」女性はデブの可能性が高い

出会い系の自称「ぽっちゃり」女性はデブの可能性が高い

ぽっちゃりSNSなども今、多くの男性の支持を得ているようですが、一般的に出会い系SNSで女性が自分のことを自称ぽっちゃりと言うときは、相当のおデブさんだということを覚悟しなければならないとようです。

大体会うなら分かってしまうにもかかわらず、女性はちょっと細めに相手に自己紹介をするようです。出会い系やSNSでたくさんの女性と会っていると、自称ぽっちゃりと言っている女性の90%はおデブさんだったという体験をもっている自分としては、「ぽっちゃり = デブ」というふうに認識すべきだと思っています。

とはいっても謙虚に本当に丁度いい魅力的な体型の女性でも自称ぽっちゃりということもあります。でも、お互いにまだ相手を見たことのない同士の場合、下手なことを言って誤解されたくないという気持ちが働くのも事実です。

そこで平均的な体型の女性は間違っても、ぽっちゃりという言葉は使わないのかも知れません。そして本当にデブの女性は中肉中背と言うとウソになるので、なんとかウソでない範囲の言葉としてぽっちゃり型と言うわけです。

おデブさんが嫌いな男性はコミュニケーションサイトにおいて、ぽっちゃり体型という自己申告の女性とは会わない方がいいと思います。

単純に時間の無駄、お互い気分が悪いだけです。それにしても、この「ぽっちゃり」という言葉に騙された男性はどれだけいるでしょう。

わたしの回りにも、この言葉に騙された男性はたくさんいます。ぽっちゃりならいいかもしれないと思ったら、それは大間違いということになりそうです。

しかし良く考えると、ぽっちゃりという言葉は人が判断して使う言葉であって、自分で言うのもちょっと変かもしれません。身長と体重の関係から肥満度何%からをぽっちゃり、それ以上はデブというような基準がないことがそもそもの間違いだと思ってしまいます。

しかし、女性が出会い系サイトで「わたしはデブです」と言ったら、まずなかなか会いたいと思う男性はいないのではないでしょうか。

デブと言われた瞬間に相当のデブをイメージしてしまいそうです。昔からデブ専という、おデブさんが大好きな男性もいますが、その人数が最近急に増えたとは思えません。

やっぱり最近急に増えているぽっちゃりさん好きは、あくまでも平均体重よりちょっと多めで、それこそ言葉どおりのポチャッとしたタイプが好きな男性のことではないでしょうか。

デブとぽっちゃりはやっぱり大きく違うわけで、自称ぽっちゃりと言うデブ女性はやっぱりウソつきだと思ってしまいます。